グループミーティングの意味 | 東進ハイスクール成増校|東京都

ブログ

2017年 3月 29日 グループミーティングの意味

みなさんこんにちは!成増校担任助手の工藤です。本日は東進ハイスクールの特徴の一つでもあるグループでの勉強について書きます。

予備校というと、なんとなく一人で黙々と机に向かい、自分の周りはみんな敵!のようなイメージを持っている人も少なくないでしょう。東進ハイスクールでは校舎の生徒を幾つかのグループに分け、毎週グループで面談をしながら日々の勉強を進めていきます。グループの中にはグループ長がいて、グループごとの学習量を「向上得点」という数値に置き換えて競います。グループ全体の向上得点がふるわない時は、グループ長を中心にどうすれば良いかを考え、お互いにフォローし合います。こうして全員の学習量を増やしていくのです。

受験勉強は決して楽ではないでしょう。そんなときこと助けてくれるのが仲間の存在です。グループ長をやることで、自分だけのためだけでなく、仲間のためにという意識が生まれモチベーションにもなります。東進ハイスクールの社長、永瀬昭幸は次のように述べています。

人は究極的には「ほかのみんなが不幸になってもいいから、自分だけは幸せになりたい」という人間か、「世のため人のために貢献できる人間になりたい」という人間に分かれる。

世のため人のためと思うことで、自分がリーダーとしてお手本を示さなければならないという責任感が生まれます。このようなリーダーシップが自分を、そして仲間を引き上げてくれるのです。受験は決して一人で戦うものではありません。みなさんも大切な仲間とともに、第一志望合格を目指しましょう!

******************

東進ハイスクール成増校

TEL:0120-028-104

〜 春休み開館時間 〜

月〜金:8:30-21:45

土:8:30-21:45

日・祝:8:30-19:00

4月スタート生 体験授業受付中!

******************

過去の記事