両立の仕方 | 東進ハイスクール成増校|東京都

ブログ

2017年 7月 5日 両立の仕方

こんにちは!担任助手一年の並木です。

 

昨日の岡田先生に続いて、学校の定期考査と受験の両立についてお話ししたいと思います。

 

岡田先生は、文系と理系科目について書いて下さいましたが、今日は理系と文系科目である国語について、書きます。

 

国語、つまり日本語の力はどの教科においても必要です。日本語の力とは、母国語でものを考えたり、書いたり、書かれている内容を理解したりする力のこと。読解力だったり、記述力と言われてますね。他教科であっても、書かれている問題文の内容を把握して、何を、どのような形態で答えるべきかを考えるはずですから、日本語の力はいつでも必要です。

 

それが化学や数字のテストであろうと、問題の読み間違えがあれば、正しい答が導けません。英語は、英単語が分かっても、文と文の繋がりを意識できなければ、長文は読めません。そして、全科目の記述問題においては、意外と漢字の正確さが問われる場面が出てきます。

 

今している国語の勉強は、決して無駄ではありません。むしろ、全ての基礎となっています。模試が終わって、すぐに学校のテストが来てしまいましたが、模試の国語の復習も忘れないでくださいね!

▼成増校スタッフの紹介はこちら!

*************

******************

東進ハイスクール成増校

TEL:0120-028-104

月〜金:11:30-21:45

土:10:00-21:45

日・祝:8:30-19:00

6月スタート生 体験授業受付中!

申し込み受付中!

*****

過去の記事