大学での学び〜国際日本学部について〜 | 東進ハイスクール成増校|東京都

ブログ

2017年 5月 8日 大学での学び〜国際日本学部について〜

みなさんこんにちは!

成増校担任助手の工藤です。本日は私が通う、明治大学 国際日本学部を紹介します。

きっとみなさんの多くが”国際”学部や”国際文化”学部など大学学部の名前に”国際”のつく学部はご存知だと思います。

国際系の学部というとみなさんはどんなイメージを持つでしょうか。

英語をメインに勉強する、国際関係について学べる、留学に行ける、文化について学ぶ…など、主に英語や外国の社会のしくみ・文化などを学ぶイメージが強いのではないでしょうか。

では、”国際日本”学部とは一体なんなのでしょうか。国際なの?日本なの?どっちなの?と私自身もよく聞かれます。

簡単に言うと国際日本学部は、日本という国を国際の視点から見つめなおし、その魅力や歴史を世界に発信するとこのできる能力を養う学部です。

そのため、発信力を強化する必修の英語の授業に加えて、選択科目は下記の画像のような実に幅広いジャンルの授業を受けることができます。「」内は代表的な授業例です。

このように幅広い分野にわたる知識を得ることができるのが国際日本学部の特徴の一つです!

そしてさらに、これらの授業は英語で受けるか日本語で受けるかを選択できるものが多く、理解するための難易度は上がりますが、日常的に英語で勉強する機会を得ることができます。

英語の授業に関しても、1,2年次は必修で週に6コマ授業があります。授業内はコミュニケーション中心で100分間All Englishです。

私は入学するまではほとんど英語で話したことがなかったため、最初は戸惑いましたが100分授業×週6コマ=600分(10時間)を毎週繰り返すうちに英語を話すことに対する抵抗もなくなり、自然と聞き取る力も上がりました。

この必修の英語の授業によって年間で280時間、これが2年間続くので合計560時間もの英語の学習時間を確保できます。

このように、授業で得た幅広い知識を必修の授業で養った英語力を使って、自分の言葉で表現できるようになる喜びは、ぜひ皆さんにも体感してほしいと私は思っています。

今回は国際日本学部について、主に学部で学べることについて紹介をしました。これ以外の学部での学びに関しても、成増校のほかの担任助手が紹介をしていますので、ぜひ学部に通う担任助手たちのリアルな声に触れ、みなさんの大学選びの幅を広げみてください!

▼他の担任助手の大学での学び

人工知能について・情報工学について:江川担任助手

総合数理学部について:白川担任助手

文学部について:小野寺担任助手

社会学部について:栗田担任助手

教育学部について:内田担任助手

******************

東進ハイスクール成増校

TEL:0120-028-104

月〜金:11:30-21:45

土:10:00-21:45

日・祝:8:30-19:00

5月スタート生 体験授業受付中!

******************

過去の記事