粘り強く、やりきる力 | 東進ハイスクール成増校|東京都

ブログ

2018年 1月 22日 粘り強く、やりきる力

皆さんこんにちは。東進ハイスクール成増校担任助手の工藤です。

本日は、東京でも4年ぶりに警報が出るほど、寒波に見舞われ大雪となりましたね。そのため、成増校でも皆さんが安全に帰宅できるよう、閉館時間を19時に変更するなどの対応をさせていただきました。

足元の悪い中、それでも校舎で勉強したい!とたくさんの生徒の皆さんが登校してくれる姿を見ることができ、私はとても嬉しかったです。本日は早めに帰宅していただきましたが、明日からはまた閉館時間の21:45まで、校舎で思う存分勉強して下さいね!

さて、センター試験から早いもので1週間が経ちました。受験生の皆さん、迫り来る二次試験・私大の一般試験に向けて、しっかりと切り替え、目標を明確にして毎日を過ごすことができていますか?

私は2014年度のセンター試験を受験しましたが、初めての試験ということもあり、翌日には全身が筋肉痛になるほど緊張し体に力が入ってしまっていたことを思い出します。

英語の試験では、不要な文章を取り除く問題が初めて出題されたことに動揺してしまい、一番自信のあった英語でいつも通りの点数が取れないなど、結果に対して非常に落ち込み、その後3日間、校舎にいても勉強に全く集中できませんでした。そのような状態になったのは、それ以降の入試でも成功するビジョンがもてなくなったからでした。

もし、そのままネガティブなイメージを払拭できずに 一般入試までを過ごしてしまっていたら、私は第一志望校に合格することも出来なかったと思います。しかし、3日間を無駄にしてしまった後悔や焦りもあり、もうやりきるしかない。と腹をくくって、そして誰よりも勉強量で勝つと覚悟を決めて机に向かうことに決めました。

その日からは、毎日午前と午後にそれぞれ各大学の過去問を3科目1年分解き、1日に2年分を最低ラインにして過去問演習に取り組みました。なかなか合格ラインに点数が乗らずに、焦る日もありましたが、やると決めた日から第一志望校の試験日の2月9日まで計19日間、38年分の過去問を解き切った自分を信じて強い気持ちで試験に臨んだ結果、無事合格することが出来ました。

私は、たった1回の失敗で自分の可能性を諦めようとしかけました。ですが諦めず、最後まで粘って本当に良かったと心から思っています。

皆さんには1日24時間という時間が平等に与えられています。その時間をどれだけ充実したものにできるか。そのために考え、やりきることが出来るか。意識し、行動することで、必ず今よりも合格に近づくことは出来ます。皆さん1回や2回の失敗で、自分の夢を諦めないでください。粘り強く、最後まで自分に出来ることをやり切りましょう。

******************

東進ハイスクール成増校

TEL:0120-028-104

*開館時間*

月〜金:11:30-21:45

土:10:00-21:45

日・祝:8:30-19:00

******************

過去の記事