自分の可能性を広げよう | 東進ハイスクール成増校|東京都

ブログ

2017年 9月 27日 自分の可能性を広げよう

こんにちは!成増校担任助手の工藤です。本日は英語の勉強、特にTOEICについてお話します。

TOEICというテストの名前はほとんどの方がご存じだと思いますが、その詳細についてみなさんはどのくらい知っていますか?
TOEICは、世界での受験者が年間で6〜700万人程度で、日本国内だけでも250万人もの受験者がいます。テストの結果は合格・不合格ではなく、スコアで示され、全員が同じテストを受験します。
 
テストはListeningとReadingのセクションに分かれており、各セクション495点ずつの計990点満点です。テストに出題される問題は、ビジネスシーンや日常を扱ったものが多く、ビジネスで使う英語表現や語彙が多数使われています。
このテストの結果は、大学の留学・企業での管理職への昇進・就職活動における一つの基準・海外赴任への条件など、様々なシーンで活用されており、大学在学期間中だけでなく、社会人になってからも受験をする機会は多くあります。
みなさんはこのTOEICの日本人の平均スコアをご存じですか?最近の公開テストの平均スコアは560〜580前後と言われています。
 
成増校の担任助手は全員でこのTOEIC対策に取り組んでいます。多くの人が東進ビジネススクールに通い、授業を受けながらスコアアップを目指していますが、そほのかにもそれぞれが工夫をしながら勉強を進めています。また、受験生のみなさんが毎月何かしらの模試を受験して勉強の成果を測るのと同じように、私たちも月に1回TOEIC演習会を実施しています。
 
受験勉強も、その後の英語の勉強も習得までのプロセスや大切な事にほとんんど変わりはありません。すなはち、今みなさんが身につける勉強法や習慣はみなさんが将来受験勉強以外の事をする際にも自分の基盤としてとても大切な役割を担うという事です。このことを忘れずに、今後の勉強に取り組んでみてくださいね!
 
そして、大学に進学することやTOEICの勉強を”将来就職するために”と考える人がとても多いと私自身は感じていますが、決してそれだけのためではないということを忘れて欲しくないと思っています。TOEICの勉強の目的は決してハイスコアを取ることではなく、勉強を通じて習得した英語を様々なシーンで活かすことです。そのために東進ビジネススクールではL&R対策だけでなく、Speaking対策にかなり力を入れています。英語を少しでも自分のものとして使えるようにすることで、みなさんが見ることのできる世界は格段に広くなることでしょう。
 
自分には関係ないということはきっとありません。これから大学生になる皆さんの人生は可能性にあふれています。自分の可能性をさらに広げていく一つのツールとしても、私は皆さんに是非英語の学習を継続して欲しいと思っています。気になることや質問があれば、気軽にスタッフに声をかけてくださいね!

******************

東進ハイスクール成増校

TEL:0120-028-104

*9月開館時間*

月〜金:11:30-21:45

土:10:00-21:45

日・祝:8:30-19:00

******************