辛いのは、前に進んでる証! | 東進ハイスクール成増校|東京都

ブログ

2018年 5月 9日 辛いのは、前に進んでる証!

皆さんこんにちは、成増校の金谷です。

 

4月、ゴールデンウィークも終わり、この夏休み前の5月6月は、新年度で1回目に中だるみしやすい時期です。

新年度4月の意気込みが消沈しやすい時期ですが、皆さんはどうでしょうか。

 

5月6日の塾内合宿に参加したり、夏期合宿への参加が決定して、受験に対しての気持ちや、夏休みへの意識が高まった人もいるでしょう。

 

何回も言われていることかもしれませんが、大切にすべきことは「目標・目的を持つこと」です。

 

このゴールデンウィークを過ごしてみて、1日中塾にいて、何をやればいいかわからなくてぼーっとしてしまったことありませんか?

 

目標・目的を明確に、より具体的に持てていれば、少なくとも何をやればいいかわからなくなることなんてないです。

 

なぜか?目標・目的を持つということは、到達したいある目標と自分の現状とのギャップを見つめ、課題を発見し、その課題を改善するため(目的)に行動できるということだからです。

目的を持って行動したことから得られるものは、何も考えずに行動するよりも、圧倒的に多いです。

 

何事にも目標・目的を持って行動することを心掛けてみてください。

 

今、勉強することを楽しいと思っている人、辛い、大変だと思っている人いると思います。

ですが、ずっと楽しいままでもずっと辛いままでもありません。

今は楽しくても辛く感じる時がこれからくると思います。

なぜ辛いと感じるのか?

それは皆さんが前に進もうとしているからです。

人は前に進む時に、必ず障害に出会います。

道を歩いていても、ずっとまっすぐは歩けません。

生きていても、常に順風満帆な人生ではなかったはずです。

怪我をしたり、風邪を引いたり、家族と友達と喧嘩をしたり、仲直りをしたり、先生に怒られたり。こんな小さなことも、これよりもっと大きなこともあったかもしれません。

そういうことがあるのは、生きているからです。

生きていれば辛いこともあるし、ずっと辛いことばかりではない。生き続ける限り、人生には波が起こります。

 

勉強も同じで、皆さんが前に進もうとしているから、目標に近づこうと行動しているから、辛い時も楽しい時もあるのが当たり前です。

辛いのは進もうとしている証拠です。

乗り越えることができれば、絶対に更なる上に進んだ自分になれます。

 

これからたくさんの障害があるかもしれませんが、自分に負けず、1歩1歩前に進んでほしいです。

頑張るのも、諦めるのも自分次第です。

受験は自分との戦いです。

親御さんも、私たちスタッフも全力で皆さんを応援しています。

でもやるのは自分です。

誰かが代わりにできることじゃないこと、結果を出すためには自分が努力しなければならないことは、皆さん自身が1番わかっているはずです。

自分に負けないでください。

 

最後までずっと応援しています。

 

 

******************

東進ハイスクール成増校

TEL:0120-028-104

*開館時間*

月〜金:11:30-21:45

土:10:00-21:45

日・祝:8:30-19:00

******************