過去問の意義 | 東進ハイスクール成増校|東京都

ブログ

2017年 10月 7日 過去問の意義

 

こんにちは

成増校担任助手1年三田です。

最近急に寒くなってきて風邪が流行ってきているそうです。体調管理も受験勉強に含まれると思います。せっかく今まで勉強してきたのに受験本番で風邪をひいて受けられないのはもったいないです。ですから手洗い、うがいをしっかりして気をつけましょう。

さて、今日は過去問の意義についてお話ししたいと思います。みなさんは、もう10月に入り過去問を始めてると思います。ただ、10年分をやっても点数は伸びません。では、なぜ過去問をやるのか。それは時間配分を決めるのと出来ない分野を明確にすることだと思います。自分は去年過去問をあまりやらずに受験をし時間が全く足りなかったです。そのときに過去問をやり時間配分を決めてればよかったと思ったのでみなさんもやってください。

また、勉強は、わからないものをわかるようにする。ですので、その自分が今何が出来てないのか把握する最適な勉強が過去問演習です。過去問を解かず、志望校に自由英作文が出ることをしらなかったら対策が間に合いません。そういうことを防ぐためにも過去問演習は必要だと思います。

残り3ヶ月目的を持って勉強していってください。

 

1015日から冬期特別招待講習受付開始です。高2、高1、中3の人はぜひこれを機に受験勉強を始めてみませんか。成増校スタッフと共に頑張りましょう!!

 

******************

東進ハイスクール成増校

TEL:0120-028-104

*10月開館時間*

月〜金:11:30-21:45

土:10:00-21:45

日・祝:8:30-19:00

******************