予定を立てるときに意識したいこと | 東進ハイスクール成増校|東京都

ブログ

2018年 5月 10日 予定を立てるときに意識したいこと

こんにちは!

成増校担任助手の小野寺です!

 

あなたは1日の予定を立てるとき、何を意識しますか。

 

「そもそも予定を立てるときに意識することなんてあるのか」

「自分は予定を立てないで好きな時間に好きな勉強をやる」

と思う人もいると思います。

 

そのような人達のためにも、今回は予定を立てるときに意識することについてお話します。

 

まず予定を立てるときは、To Do リスト(自分が1日でする予定をピックアップしたもの)を作る必要があります。

 

自分が今日どんな勉強をするのかをひとつひとつ確認することでやることを整理でき、実行に移しやすいです。

 

やることが多いと感じている人はただ勉強をするのではなく、整理するとより集中してやるべきことに向かうことができるのでやってみてください。

 

そうして、やることを整理した後、予定を立てる上で重要なポイントがあります。

 

それは「目算」することです。

 

「目算」というのは簡単に言うと、やることを挙げたときに、それぞれ勉強することにどれぐらいの時間がかかるかを予測することです。

 

たとえば

「この参考書なら5ページやるのに40分だかかる」

「この問題集は、一題解くのに 25分必要だ」

という感じです。

 

これはかなり大事であるのですが意外と見落としがちなのです。

 

毎回予定を作る時にこの精度が高い人ほど、時間を有効に使え、充実した日々を送れるようになります。そして1日の密度が高まり、目標を達成できる可能性も飛躍的に高まります。

 

最初のうちは「1日にやることが全部終わらなかった」と自分の予想と大きくズレることが多いと思います。しかし、大切なのはこの「目算」が常に考えられているかです。

 

目算が適当な人は、いつまでたっても予定通りの一日を過ごすことができない日々を送ることになります。

 

以上のことを踏まえて予定を立てるときはこの目算を特に意識して予定を立ててみてください。

******************

東進ハイスクール成増校

TEL:0120-028-104

*開館時間*

月〜金:11:30-21:45

土:10:00-21:45

日・祝:8:30-19:00

******************