二次過去問演習ー石田あづみー | 東進ハイスクール成増校|東京都

ブログ

2020年 8月 11日 二次過去問演習ー石田あづみー

こんにちは!成増校担任助手1年の石田です。

最近は暑い日が続いておりますが、しっかり水分・休息は取れていますか?体調を整えつつ勉強頑張っていきましょう!

今日は受験生の夏といえば…の二次過去問演習についてお話ししたいと思います。

受験生の皆さん、最近このように思うことはありませんか?

「二次試験の過去問、全然点数取れないんだけどやる意味あるのかな、、、?」「どうせ解けないのにやっても無駄じゃない?」

このように思う気持ちはとてもわかります!私も昨年のこの時期はこう思っていました。

しかし、今の時期に全然得点できなくても気にしないで欲しいです!!!

逆に今、志望校の過去問で目標点を取れるなら、本番までの約半年間、何を勉強するのかと困ってしまいませんか?

ただ、全体の点数は気にする必要はありませんが、どこで得点できたか、どこで失点したかは気にしてほしいです。

今、受験生の皆さんは、社会・理科の勉強を重点的におこなっている人が多いと思いますが、その中でも学習が進んである範囲、あまり進んでいない範囲それぞれあるかと思います。 学習があまり進んでいない範囲が解けなくても問題ありません。これから勉強すれば大丈夫です。早いうちに固めましょう。

しかし、学習がすでに進んである範囲で大きく失点することや、全く解けないといった場合には要注意です。 日々の勉強が問題を解く力につながっていないかもしれません。アウトプットの量を増やしてみるなど、勉強法を工夫しましょう。

また少し重複しますが、過去問の分析・復習は欠かさず行いましょう。全くできなかったからといって、そのまま放置するのはそれこそ解いた時間が無駄になってしまいます。

過去問を解くことで、今得点できなくても得られることはたくさんあります。 自分に取って最適な時間配分や、どの分野が頻出なのか、一回解くのにどれくらいの時間がかかり、どれくらい復習に時間がかかるのか。自分が本番目標点を取るために求められている力はどの程度のものなのか。 これらのことを知ることは、これからの勉強の指針を立てる上で大切になります。目標が不確かなまま勉強を進めていくということは回り道をすることになりかねません。

受験生の皆さん、第一志望校に最短経路で合格したくないですか?逆に、回り道している余裕はありますか? 過去問演習で今、目標点が取れなくても、落ち込んだりせずに自分に足りない力は何なのか、それを補うためにはどんな勉強をどのくらいすればいいのか、日々考えて、実行していきましょう!

できないところを認識するのは、少し気分が落ち込むかもしれませんが、逆にそこができるようになったら点数は上がるということです!苦手を認識し克服することを繰り返す中で、自分がレベルアップする感覚を楽しめたら勝ちです!何事もポジティブにいきましょう。

過去問演習に関して不安なことがあったら何でもスタッフに相談してください!!全力でサポートします!!

過去問の夏です!!頑張っていきましょう!!!

次回のブログは15日土曜日です!8月折り返し地点ということで、鈴木担任助手が皆さんのやる気を高めるお話しをしてくれます!要チェック!!

*********************

東進ハイスクール成増校

TEL:0120-028-104

*開館時間*

月~土:8:00-20:00

日・祝:8:00-19:00

≪成増校スタッフ紹介はこちら!≫

1日体験こちら!≫

*********************