受験生の夏休みは自分を変えるラストチャンス -松本えみな- | 東進ハイスクール 成増校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール成増校|東京都

ブログ

2021年 7月 21日 受験生の夏休みは自分を変えるラストチャンス -松本えみな-

みなさんこんにちは! 成増校担任助手の松本です。

いよいよ夏休みが始まった人も多いのではないでしょうか。

私も3年前受験生だったことを思い出すととても懐かしく思います…笑

それと共に、本当に頑張った夏だったなということも思い出します。

当時東進には夏期合宿というプログラムがありました。

内容としては、英語を5日間、先生の生授業とテストのサイクルを繰り返し、仲間と共に徹底的に学ぶものでした。 (昨年と今年はコロナウィルスの影響で行っていません)

 

この合宿は文字では伝え切れないほどハードなものでした。

つらかったこともたくさんありましたが、この合宿から私の受験生の夏休みは始まりました。

この合宿のおかげで、自分の限界に挑戦し続ける姿勢や試行錯誤を繰り返して自分に身に付く学習法を探す姿勢が身につきました。

合宿から帰ってくると、当たり前のように校舎に朝から晩まで缶詰で勉強していました。

それまでの自分から比べると異常な様子でしたが、合宿で上には上がいることを痛感し、その人たちに負けじと努力することができました。

その結果、夏休みのうちかなり多くの時間を勉強に割くことができました。 ということで、今日は勉強量を最大化するコツは大きく2つ紹介します。

1つ目は、学習する時間とノルマをなるべく毎日一定にすることです。

「今日は何しようかな〜」って悩んでいる時間、一番もったいないです。

もちろん一週間に一回(東進生はグループミーティングの時など)くらい考えるタイミングは必要ですが、机に向かうたびにそんなことをしていたら勉強量は増えませんし、もちろん点数アップにもつながりません。

そこで、夏休みの自分の時間割のようなものを作ることをお勧めします!

なんの科目をどの時間帯に、なんのツール(問題集・過去問・まとめたノートなど)で勉強するのかをある程度決めてしまうのです。

最初から効率を求めるのではなく、学習量に必要なものから考えて決めていきましょう!

 

2つ目は、休憩時間のメリハリをつけることです。

お昼ご飯を食べて少し携帯をいじっていたら気づけば3時…みたいなこと、経験ありませんか???

意外と休憩ってだらだら続けてしまいがちですよね、気分転換もそうです。

きちんと区切りをつけて、必要以上に休憩時間を取らないようにコントロールをしていきましょう!

わたしのおすすめは音楽を上手く使うことです。

3曲の間は休憩する!などと決めると、うまく切り替えることができると思います。

夏休みは本当に自分を変えるチャンスです。 受験生はここが変わるラストチャンスだと思ってください。

 

成果を出す夏、変わる夏にしましょう!

心から応援しています。明日のブログは加山担任助手です!

公開授業について語ってくれます!お楽しみに!

 

*********************

東進ハイスクール成増校

TEL:0120-028-104

*開館時間*

月~土:8:00-20:30

日・祝:8:00-19:00

≪成増校スタッフ紹介はこちら!≫

1日体験こちら!≫

≪夏期特別招待講習のお申込みはこちら!≫

*********************