模試を受ける意義についてー福地純ー | 東進ハイスクール 成増校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール成増校|東京都

ブログ

2021年 10月 29日 模試を受ける意義についてー福地純ー

 

 

みなさんこんにちは、成増校2年の福地です!

さて、今日は模試についてお話します!もうすぐ11月の全国統一高校生テストがやってきますね!

日付は覚えていますか?11/7ですね!

そして早慶上理難関国公立大学記述模試や全国有名大学記述模試も11月後半あります!

受験生のみなさんにとっては模試も残り少なく、大学入試本番に向けて自分の実力を出すイベントです!

もちろん高校1.2年生も大学入学共通テスト同日受験に向けて大切なものです!

みなさん、模試を意識した学習はできていますか?なんとなく模試があるな〜つらいな〜本番じゃないしな〜といって軽くみていませんか?確かにそうなってしまう気持ちもわかります!私自身も受験生のときは模試というものをあまり大切に考えていませんでした。

しかし、今となってはもっと模試のために目標を立てて学習し、模試が終わった後も解き直しや復習にもっとこだわればよかったと思っています。

また、本番で実力を出すための練習ともいえます。私は大学受験を終えて特にこの実戦力というところが課題であったと思いました。模試で力を発揮できなければ本番でもできるわけがありません。


そして、模試というものは今の自分の実力を測るものですし、課題を見つけて学力を向上させるための大切なツールです。東進では模試は学力を測るためだけではなく、伸ばすためでもあります。模試の目的を理解しましょう!

そして模試の目標をもちましょう。模試で完璧な成績をとるのは難しいという人がほとんどのはずです。

まだ学習が追いついていない科目だったり忘れてしまっている科目もあると思います。そんな人は、まず今回の模試で自分が特に頑張る科目、分野を決め、そこだけは落とさないように模試までの学習を計画しましょう!

そして模試を終えて、その決めた目標がどのくらい達成できたかを見ましょう。これは目標以外の部分を捨てろという考え方ではありません。もちろん全て頑張ることは前提です。

その上で特に自分が目標とするものをひとつ設定し、自分の努力とそれがどれだけ発揮できるのかを見ることをぜひ参考にして見てください。例えば、自分はリスニングが苦手だけど対話文の問題だけは特に練習しておいて落とさないようにしよう、化学は全体的に得意ではないけれど今回有機化学は今ちょうど習っているところだからその大問はなんとしても9割とろう、などです。

模試の勉強は人それぞれ様々だと思いますし、このやり方も私の考え方ですのであくまで参考ですが、まずは模試にこだわりをもって取り組むという姿勢はもちましょう!

さて、明日は鎗田担任助手がブログを書いてくれます!お楽しみ!

 

*********************

東進ハイスクール成増校

TEL:0120-028-104

*開館時間*

月~金:13:00-21:45

土:10:00-21:45

日・祝:10:00-19:00

≪成増校スタッフ紹介はこちら!≫

1日体験こちら!≫

≪全国統一高校生テスト申込みはこちら

*********************