現役時代に意識していたこと-濱田桃- | 東進ハイスクール成増校|東京都

ブログ

2020年 7月 1日 現役時代に意識していたこと-濱田桃-

みなさん、こんにちは!

成増校担任助手1年の濱田桃です!

 

本日は私が現役時代に意識していたことをお伝えします!

今、みなさんは6月模試を受験し終えて、どのような心境でしょうか?

目標を突破して余裕の出てきてた人、思うようにいかず落ち込んでいる人など、さまざまだと思います。

 

そこでお伝えしたいのは「比較しすぎないこと」です。

「比較しすぎない」というのは、①「周りの人と」、②「過去の自分と」、この2つに分かれます。

 

①に関して、たとえば、自分の仲良い友達はしっかり点数をあげてきたのに、自分はなかなか成績が上がらない。「同じ努力量のはずなのに」「自分はどうしてもっと勉強しなかったんだろう」。このように考えて自己嫌悪することがあると思います。

でも、もしそれでモチベーションアップに繋がるのなら良いですが、やりすぎるとただ辛いだけになります。(これが私でした笑)

人はそれぞれ伸びる時期が違います。もしかしたら1ヶ月後にはあなたの方が成長しているかもしれません。

また点数が上がらなかった時はやり方を見直すチャンスでもあります!自分の勉強方法を考え直してみることも大事です。効率と質を両立できる方法を探してみましょう。

 

2つ目は「過去の自分と」です。4月模試ではこんなにとれたのに、6月は下がってしまった・・・。まったく点が伸びない・・・。と悩む生徒さんはたくさん居ます。

でもそれって比べて落ち込んでも仕方ないことです。同じ問題を解き直して点が変わらなければそれは反省することですが、みなさんは次々に新しい模試にぶつかっていっています。

「新しいわからないこと」に出会うことはその分、本番で正解できる問題が増えることに繋がります。

落ち込む気持ちはわかりますし(実際私もかなりへこむこともありました)、そういう時は担任助手に思いっきり愚痴れば良いんです。

でもある程度吐き出したら、それを復習へとつなげましょう。一度出会った問題を見逃すほどもったいないことはありません!

なので、「過去との比較」ではなく「未来の自分」に期待できるような環境を作っていきましょう。

受験後に後悔しないためには、「あの勉強量が限界だった」。そう思えるようになることです。

みなさんの努力を期待しています!!

 

明日は石田担任助手から「過去問演習に向けて」というお話があります!お楽しみに!

 

*********************

東進ハイスクール成増校

TEL:0120-028-104

*開館時間*

月~金:13:00-21:45

日・祝:10:00-19:00

≪成増校スタッフ紹介はこちら!≫

1日体験こちら!≫

*********************