私の通っている大学についてー篠原由美香ー | 東進ハイスクール 成増校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール成増校|東京都

ブログ

2021年 6月 28日 私の通っている大学についてー篠原由美香ー

みなさんこんにちは!

成増校担任助手の篠原です!!

 

毎日暑いですが、みなさん体調管理はしっかりできていますか??

 

水分補給をしっかりして、体調を崩さないように気をつけてくださいね!

 

さて、今日は私の通っている東京理科大学について少しお話しようと思います。

 

 

みなさんは、理科大ときいてどのようなイメージをもちますか??

 

もちろん、理科大という名称だけあって、理学・工学・薬学・経営学をはじめとする分野を包括する理工系総合大学です。

実は、理科大学といいながら、文系学部である経営学部を神楽坂キャンパスに設置しているんです。(笑)

 

ですから文系の方も、興味があれば是非調べてみてほしいなと思います。

 

理科大はかなりの学生数を抱えており、キャンパスは主に3つあります。

 

 

理学部と経営学部のある神楽坂キャンパス

(立地が最高でとても綺麗、だがすこし狭い、、)

 

 

工学部のある葛飾キャンパス

(学生の街!とても綺麗です。)

 

理工学部と薬学部のある野田キャンパス

(とっても自然豊か!スポーツが強いです)

 

 

どのキャンパスもとっても魅力的ですので、是非自分の興味のあるところにオープンキャンパスで訪ねてほしいなと思います。

 

また、世間一般的に理科大は「留年大学」とよく言われています。

進級や単位取得がほかの大学に比べて厳しいことで有名です。というのも、東京理科大学は、

実力を備えた学生のみを卒業させるという「実力主義」を受けついでいるからです。

これにより、東京理科大学はTHE世界大学ランキング2021によると、「研究力」において慶應義塾大学・早稲田大学に続いて国内私立大学3位を誇っています。

実際私自身通ってみて、確かにほかの大学のより課題や試験が難しいと感じることはありますが、学習している内容について理解を深める機会は非常に多く自分の糧になっていると感じることはおおいです。

またこの結果、就職率も私立大学のなかでかなり高いレベルを誇っています。

企業からの評価が高いことは非常にメリットであると言えますよね。

 

最後に、みなさんが知りたいであろう受験勉強の対策について、理科大に合格するためのアドバイスをしたいなと思います。

 

まず、早慶上理と言われるだけあって、難関大なので入試問題の難易度は決して低いとは言えません。

 

特に理科大は計算問題が特に煩雑で問題量も膨大であることで有名です。

 

計算量が本当に多いので、これからの夏で問題演習を積んでいきましょう!

 

 

各教科のアドバイスです。

 

【英語】

読解問題については英文和訳に加えて構文把握能力も問われるのでバランスよく対策を練る必要がある。

会話文・語彙・文法問題の対策には文法書をやり込むことが必要。

英語が苦手な受験生は多いので、7割以上得点して差をつけていきたい。

長文だけでなく文法を疎かにしないことが大事です!!!

 

【数学】

薬学部・経営学部以外は基本的に数Ⅲまで必要。

とにかく計算量が多い。

難易度も割と高いのでミスを防ぎ確実にとれるものから得点していく。

日々の演習量がものをいう。過去問と共に演習量を積もう!

 

【理科】

数学と同様計算量が多い。

難易度は高いが、見たことのある問題が多く出題されるので重要問題集なので典型問題を確実にとれるようにしなければならない。

 

 

受験生の方は、これから本格的に過去問に取り組んでいくと思いますので是非参考にしてください。

何か相談があればいつでも声かけてくださいね!

 

頑張る成増校の生徒を心から応援しています!!!

 

さて、今日はこの辺で終わりになりますが

明日のブログは誰が書いてくれるのでしょうか、、、、??

 

ついに6月も残り二日です!お楽しみに!!!

*********************

東進ハイスクール成増校

TEL:0120-028-104

*開館時間*

月~金:13:00-21:45

土:10:00-21:45

日・祝:10:00-19:00

≪成増校スタッフ紹介はこちら!≫

1日体験こちら!≫

≪夏期特別招待講習こちら!≫

*********************