苦労を乗り越える方法ー鈴木駿汰ー | 東進ハイスクール成増校|東京都

ブログ

2020年 6月 25日 苦労を乗り越える方法ー鈴木駿汰ー

こんにちは、担任助手の鈴木です。

後日受験の人はあと数日後ですが、皆さん全統の受験おつかれ様でした!

自分は6月はまだ体育館をひたすら走り回っていた時期なので6月の全統は当日ではなく、学力診断テストの時に受けました!

得意と言い放った数1aで,

やらかしてしまったのは今となってはいい思い出です。 さて、今回は本来ならば、夏期特別招待講習のオススメ講座について話したいのですが、僕は夏期特別招待講習を経験していないため、そんな自分がオススメ講座はコレです!!なんて言っても薄い内容になってしまう。と思い、急遽変更して、

【苦労を乗り越えるコツ】

について話していこうと思います! 皆さんは苦労と聞いて何を思い浮かべるでしょうか?このブログを読んでくださっている方は今どんな苦労をしていますか? 自分はいま慣れないパソコンでのリモート授業や、大量の課題に追われています。 大学生は人生の夏休み!と聞いていたのに、、、 まあ、余談はこの辺にして。 これをみてくれている人は何かしら受験に関わってくれている人であると思うので、 【受験時の苦労をどう乗り越えたか。】 を話していこうと思います。

まず、受験は全てが辛いです。 普段の勉強も辛い。 模試を受けるのも辛い。 結果が数値として返ってくるのも辛い。 落ちるかもしれない、、、と考えるのも辛い。

辛いことの繰り返しです。 僕はそんな時、偉大なる先輩である森元さんと雑談をしました。

森元さんは、自分の模試の点数が低いことを相談すると、本心をそのままサラッと言うように 「お前やべーなww なんかやらかしたんか??」 みたいなノリで対応してくれました。 もちろん、その後に過去問を一緒に印刷してくれたり、アフターフォローもしてくれました。

さすが偉大なる先輩です。

森元さんは心配したり、同情したりしたら自分は更にヘコんでしまう。と思ってこう接してくれていたらしいです。

僕は森元さんが担当でいてくれて本当に良かったです。

たしかに、ヘタに同情されたらしばらく東進には来れないくらいヘコんでいたかもしれません。

でも、これをほかの担任助手の人に言われていたらどうなったでしょうか。 想像もつかないくらい恐ろしい事になっていだでしょう。

つまり、簡潔に言うと 「悩みや苦労は信頼できる人に打ち明ける」 だと思います。

成増校は頼りにできる担任、担任助手の人たちが揃っています! ぜひ頼りにしてください! そこが東進ハイスクールの強みでもあります! 模試の結果で一喜一憂するのもいいですが、 模試はあくまで模試であり、本番は約半年先です。

今の時期に苦手を見つけて、それを解消できるのはすごいことなんです!

ぜひ、ぜひ、8月には今より格段にいい点数を取って自分のとこに自慢してください!

お待ちしております。 明日は、数学の分からない問題を聞いたら解いてくれるランキング第1位の福原担任助手がお話してくれます。 お楽しみに!!

 

*********************

東進ハイスクール成増校

TEL:0120-028-104

*開館時間*

月~金:9:00-20:0

日・祝:9:00-19:00

≪成増校スタッフ紹介はこちら!≫

1日体験こちら!≫

*********************