校舎の様子 | 東進ハイスクール成増校|東京都

校舎の様子

校舎長の言葉

東進ハイスクール成増校 校舎長 森脇 崇巧

受験勉強から何を得られるか?それは、「努力する心」です。人間は場があたえられてこそ強くなります。大学受験という場に身を委ね、受験勉強に真正面からぶつかることで、本当の自分が見えてくるはずです。多くの先輩たちが、受験勉強を通して己を鍛え、己の可能性に気づき、そして成長し、合格していきました。勉強ができる人が合格するのではありません。勉強をやり続け、己を成長させることができる人が合格できるのです。東進ハイスクールには、大学受験を科学的に分析し、学習方法を体系化し、IT技術を駆使することで、誰もが最大の努力をすることができ、最大の成果が出すことのできる本当に学力を伸ばすことができるシステムがあります。私たちは高校生を正しい方向へ導くことで、「独立自尊の社会・世界に貢献する人財を育成する」ことが最大の目標です。大学受験を通して、夢、希望、ビジョンを育み、思いきり努力しよう。

 

校舎の様子校舎の様子校舎の様子

担任助手の紹介

淡路 泰成 くん 慶應義塾大学 理工学部
私立大東文化大学第一高等学校 卒 野球部 東進ハイスクール成増校 OB
淡路 泰成 くん 慶應義塾大学 理工学部
担任助手として一言
自分は生徒時代、短いながら毎日登校して濃い時間を過ごすことができました。それは勉強面だけでなく、精神的な面で毎日校舎にきたくなれるというところが一番大きかったです。そしてそれは、成増校舎の塾長である森脇さんをはじめ担任助手の人たちが毎日明るく応援やサポートをしてくれたおかげだと思っています。これからは担任助手という立場に立って生徒に勉強面、精神面などいろいろな部分でそんなサポートができるよう頑張りたいと思います!
金 佳由 さん 早稲田大学 社会科学部
小石川中等教育学校 卒 バレーボール部 東進ハイスクール成増校 OG
金 佳由 さん 早稲田大学 社会科学部
担任助手として一言
私が受験生活を振り返ったとき、残ったのは弱い自分に勝てなかったという悔しさでした。頑張らなきゃいけないのに頑張りきれなかったり、苦手な科目や分野は分かっているのにそこから目をそむけてしまったり、どうしてもっと努力しておかなかったんだろうと少し前までの自分が恨めしくなりました。みなさんにはそういった悔しさを味わってほしくありません。だからこそ、自分の弱さから逃げずに向き合い、受験が終わった時に心から笑っていられるように、悔いが残らないくらい全力で努力しましょう!!一緒に頑張っていきましょう!!
西村 拓 くん 東京大学 理科一類
私立海城高校 卒 野球部 副キャプテン 東進ハイスクール成増校 OB
西村 拓 くん 東京大学 理科一類
担任助手として一言
この大学受験は皆さんにとって自分の人生の可能性を決める大勝負だと思います。もちろん受験の結果で全てでが決まるわけではありませんが、この限られた期間どれだけ自分の弱さと向きあい、最後まで努力が出来たかどうかは今後の人生の期待値を決めると自分は思っています。「今努力できない人は一生努力できない」担任助手は皆さんを本気でサポートしていくので、皆さんも今まで生きてきて一番頑張ったと言えるぐらい努力して第一志望校に合格しましょう!

→もっと見る

中山 茜 さん 早稲田大学 法学部
東京女学館高等学校 卒 東進ハイスクール成増校 OG
中山 茜 さん 早稲田大学 法学部
担任助手として一言
受験勉強で1番大切なことは、継続することです。受験勉強は長く、辛いことの方が多いと思います。しかし、頑張った分、得られる成果は大きいものです。私は高2の夏に入学し、毎日東進に来て勉強をし続けたところ、毎日登校も勉強も習慣になり、苦痛ではなくなりました。勉強することを当たり前にし、志望校合格、またその先の志に向けて全力で努力しましょう!私がたくさんの方々に支えられ受験勉強を乗り切れたように、私も全力でみなさんをサポートしていきたいと思っています。
長谷川 果菜 さん 早稲田大学 人間科学部
東京高等学校 卒 テニス部 東進ハイスクール成増校 OB
長谷川 果菜 さん 早稲田大学 人間科学部
担任助手として一言
私の受験時代のモットーは「辛い時こそ笑顔」です。
受験勉強は苦しい時もあり、特に直前期は逃げたくなる時もありました。しかし、そういう時こそ上を向いて笑顔を作ることで「不安になったところでもう勉強するしかない!」と前向きになれ、勉強し続けることができました。みなさんも辛い時があると思いますがそういう時こそわざと笑顔になって、自分の恵まれた状況に感謝しましょう。頼れる担任助手になれるよう頑張るので一緒に笑顔で努力しましょう!
津山 惟乃 さん 青山学院大学 教育人間科学部
十文字高等学校 卒 剣道部 東進ハイスクール成増校 OG
津山 惟乃 さん 青山学院大学 教育人間科学部
担任助手として一言
私は、受験期間は、自分を見つめることが出来る貴重な期間だと思っています。
大学受験という非常に険しい道を選択したみんなには、自分の得意なところ、優柔不断なところ、一喜一憂してしまうところなど、あらゆる自分と真剣に向き合うことで、今よりももっと自分を好きになれるチャンスが与えられています。 つらくて仕方なくなったら、迷ったら、悩んだら、疲れたら、いつでもサポートします。一緒に最後まで突っ走りましょう!
田中 望実 さん 電気通信大学 情報理工学域
文京学院大学女子高等学校 卒 東進ハイスクール成増校 OG
田中 望実 さん 電気通信大学 情報理工学域
担任助手として一言
わたしが第一志望に合格することができたのは、担任助手の方々の丁寧なサポートがあったからだと声を大にして言うことができます。受験生活は今までの人生で最大の努力する期間だと思いますが、どんなときも挫けず、粘り強く続けていくことが何よりも大切だと思っています。どんなときも皆さんのことを全力で応援し、サポートしていきます。常に笑顔を忘れずに、活気溢れる成増校で一緒に合格を掴みましょう!
平沼 光基 くん 東京理科大学 理工学部
私立大東文化大学第一高等学校 卒 バドミントン部 東進ハイスクール成増校 OB
平沼 光基 くん 東京理科大学 理工学部
担任助手として一言
私にとって受験は、自分を知ることが出来たとても貴重な経験です。受験期間は人生で1番悩み、考え、自分と向き合いました。そして、そこで初めて本当の自分を知ることが出来ました。自分を知るということはとても大切なことです。それを知ることができたというだけでも私は本当に受験をしてよかったと思っています。しかし、これは自分一人では絶対にできなかったことだと思ってます。担任助手、スタッフの方々の支えがあったからこそ出来たことです。受験を通して自分と深く向き合い、自分を知ってください!私がしてもらった以上に私も皆さんを全力でサポートしたいとます!
酒匂 駿 くん 上智大学 理工学部
新宿高等学校 卒 サッカー部 東進ハイスクール成増校 OB
酒匂 駿 くん 上智大学 理工学部
担任助手として一言
受験勉強で一番大切なことは「自分に自信を持つ」ことだと思います。受験は多くの人にとって、自分の人生の大きな壁の1つになります。今まで経験したことのない大きな壁にぶつかり、不安に思う気持ちが常に付きこともあると思います。そんな時はぜひ私たちに相談してください。本気で第一志望校に合格したいと思う受験生に対し、私たちは皆さんが合格できる自信を持てるように全力でサポートをします。受験勉強で得られた自分に対する自信はこれからの将来にも必ず役に立ちます。本気で第一志望校に合格したい人は是非成増校に来てください。一緒に合格を掴み取りましょう!
三田 勇輝 くん 明治大学 商学部
日本大学第二高等学校 卒 サッカー部 東進ハイスクール成増校 OB
三田 勇輝 くん 明治大学 商学部
担任助手として一言
私は、努力は裏切らないと本気で思ってます。私は、今通っている大学に絶対行けないような成績を高校生の時取ってました。ですが、最後まで努力を続け、明治大学に合格することができました。その日から私は努力は裏切らないということを本気で信じてます。
だからこそ、担任助手として今年1年で生徒に努力は裏切らないことを伝え、第一志望校に合格することによってそれを実感してもらいたいです。
岡田 実咲 さん 津田塾大学 学芸学部
大東文化大学第一高等学校 卒 ソフトボール部 東進ハイスクール成増校 OG
岡田 実咲 くん 津田塾大学 学芸学部
担任助手として一言
私は受験で一番大切なことは最後まで諦めないことだと思っています。私自身、なかなか点数が上がらず、これ以上やっても変わらないのではないかと不安を感じ、とても辛いと思い、何度も諦めそうになりました。そんな時、担任助手に相談に乗ってもらったり、励ましてもらったりして、たくさん支えてもらいました。私一人だったら途中で諦めてしまっていたことと思います。そして、担任助手がいたからこそ最後まで諦めずに勉強し続けることができました。だからこそ、私は生徒の支えとなれるようになりたいと思っています。その為にも、生徒と一緒に考えて、一緒に頑張っていきたいと思っています。
加藤 美咲 さん 東京農工大学 工学部
浦和明の星女子高等学校 卒 新体操部 東進ハイスクール成増校 OG
加藤 美咲 さん 東京農工大学 工学部
担任助手として一言
毎年受験を終えた生徒が振り返ってみて言うことがあります。「受験勉強は今までの人生の中で1番自分を知ることが出来る」ということです。
白川 裕貴 くん 明治大学 総合数理学部
北園高等学校 卒 バドミントン部 キャプテン 東進ハイスクール成増校 OB
白川 裕貴 くん 明治大学 総合数理学部
担任助手として一言
十人十色と言いますが、本当に人それぞれ勉強方法も違うし、目指す方向性も違います。だからこそ自分にとっての最善の道を探すために、自分と全力で向き合って、泣いて笑って、人生の中間地点である受験を乗り越えていくのです。成増校のスタッフはそんな自分探しの旅(受験)を全力でサポートしていきます!笑顔でその時を迎えられるよう一緒に頑張っていきましょう!
小野寺 樹 くん 早稲田大学 文学部
北園高等学校 卒 ラグビー部 東進ハイスクール成増校 OB
小野寺 樹 くん 早稲田大学 文学部
担任助手として一言
突然ですがみなさんには、将来なりたいもの。叶えたい夢。がありますか?
もしもあったら素晴らしいです!しかし、無い人が大半なのではないでしょうか?
私も高校生の頃はなんとなーーくしか考えていませんでした。みんなそんなもんです。ところが受験となるとどこの学部に行こうか?将来何をしようか…色々考え始めます、そんな大変な事を勉強とともに教えてくれたもの、一緒に考えてくれたもの。それが私にとっては東進でした。自分になんか到底無理だそんなことは言わずに挑戦する意義について学びました。
ちなみに私は最初のテストで英語37/200点、こんな私でも合格を勝ち取れた。初めからから頭のいい人なんていません。自分の全力でやりたい事を追い求めてみませんか?自分の可能性を信じてともに頑張っていきましょう!
栗田 直輝 くん 早稲田大学 社会科学部
竹早高等学校 卒 バスケットボール部 東進ハイスクール成増校 OB
栗田 直輝 くん 早稲田大学 社会科学部
担任助手として一言
私は生徒を指導していく上で大切にしていることがあります。それは「目標を立て、それを達成するために最大の努力をすること」です。大学受験というのはこれからの長い人生の中では1年、2年という短い期間であり、人生全体で振り返れば大したことありません。しかし、これから長い人生を歩むことになる高校生、中学生にとって大学受験は最初に立ちはだかる大きな壁になります。ここで全力でやり抜くことができるか、途中で諦めて投げ出してしまうのかでこの先の人生は大きく変わるでしょう。私は大学受験を通じて生徒が社会に出てから、何事にも全力で取り組める人間になれるような指導をして参りたいと思います。
溝口 恭平 くん 上智大学 理工学部
東京都立大泉高校 卒 サッカー部 東進ハイスクール成増校 OB
溝口 恭平 くん 上智大学 理工学部
担任助手として一言
受験生活を振り返ってみるとものすごく努力していたなと思います。部活を19時までやって、その後東進に来て勉強する毎日を送っていました。自分の大好きな野球をやりつつも第一志望校に合格できました。高校生活は勉強だけすれば良いとは思いません。部活をして、行事を頑張って、友達と遊んで勉強以外も全力で楽しむ事は将来的にも繋がると思います。両立するなら東進です!一緒に勉強だけじゃない、アクティブな高校生活を実現しましょう!応援してます。

校舎イベント紹介

決意表明会

決意表明会

12月、東進ハイスクールが新しい学年に上がるとき、受験に向かってこの一年自分がどうなりたいのか?どう勉強していくのか?そういった決意を生徒に固めてもらうために、私たちは「決意表明会」を行っています。生徒の代表にも全体の前でこれから一年間の決意を話してもらい、周りから刺激をもらえる貴重な機会です。これからの一年間の努力がこれからの未来のひとつの分岐点となります。この一年最大の努力をするためのスタート。それが「決意表明会」です。

塾内合宿

塾内合宿

成増校では、数ヶ月に一回「塾内合宿」を行っています。塾内合宿では、長時間かけて基礎となる英単語、英熟語、英文法の例文などを集中的に暗記し鍛えることができます。全員で音読をしたり普段の勉強では経験できない時間を過ごすことができます。勉強だけでなく途中、チームごとに自分たちの夢や仕事に対する考え方を発表しあう時間も設けています。長時間という事で、最初は苦手意識を持つ生徒も多いですが、一度参加すると「自分はこんなに勉強できるんだ」と気付くことができます。

生徒説明会

生徒説明会

受験勉強では「どの時期に、何を、どれだけ」の三つのポイントがとても大切です。がむしゃらに頑張ることも確かに大切なのですが、それが本当に今やるべきことなのか?量は適切なのか?といったことを考えなくてはいけません。生徒説明会は年に数回行われ、学年別に「これからは何をどのようにやらなくてはいけないのか?」といったことを中心に説明します。努力の天才になり、さらに正しい知識、ロードマップを身に付ければ準備は万全です!成増校は様々な面から皆さんを合格までリードして行きます!