ブログ | 東進ハイスクール成増校|東京都

ブログ 

2017年 9月 25日 計画をたてる意味

 

こんにちは。成増校担任助手1年の山崎泰河です。

 

学校が始まってから1ヶ月が過ぎようとしています。少し寒くなって秋も深まりましたね。私の大学では銀杏の臭いが凄いです。

 

食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋などがありますが、受験生の秋と言えば何が思い浮かぶでしょうか。私の記憶では秋は最もキツい期間です。夏休みに本気で頑張ったのにも関わらず、8月の終わりのセンター模試ではあまり伸びず、授業の演習などでも夏前より出来るようになった実感をあまり得られなかったからです。夏休みと比べて自分の勉強をできる時間が圧倒的に少ない中、本番まで時間が少ないことを意識する瞬間も増える上に模試もたくさんあって焦りが日々募っていました。

 

さまざまな不安を抱えている人がいるでしょう。そのような不安を取り除くにはどうしたらいいか考えた時、何が出来るかというと、ただ勉強するしかないと思います。私の場合は本番までの完璧な計画(自分ができる中で最高、と自身を持てる計画)を立てていたので、不安を抱えながらもひたすらその計画の内容に取り組んでいました。今までしっかり考えていた人は無闇にやり方を変えない方がいいと思います。周りがどんなやり方をしていたとしても、自分が今までやってきたことをやった方が結局効率いいこともあります。

 

 今まで何となく勉強していた人は勉強の計画を立て直すチャンスは今が最後だと思って、しっかり計画を立てた方がいいと思います。

 

計画を立てる上で大事なのは、受かるビジョンを持って計画を立てることです。10月の自分の姿、センター前、センター後、二次試験を受ける直前の自分の姿を想像していったときに”現在”から受験本番まで、自分にとって最高の軌道を描きましょう。それが出来るだけ1つになるように(繋がるように)意識すると良いと思います。

 

他に気をつけることとしては、自分が本番までに絶対にやりたいことを理解し、それに徹して、やり残したことは最小限にすることです。2018年に受験をするのは人生で1回きりです。その結果が自分の人生を左右するのは間違えのないことです。思わぬ結果となっても、最終的には良かったと言えることもあると思いますが、その”良かった”は自分の後悔がなければ無いほど感じられると思います。

 

2018年度の受験を”良かった”と思うために悔いのない勉強をしましょう。

 

本質的に不安を解消するための手段は自分で必死に考えて勉強するしかないですが、追い込み過ぎて病まないように気をつけましょう。不安がとてつもなく大きくなったときは信頼している人に打ち明ければいいと思います。

 

頑張ってください。陰ながら応援しています。

******************

東進ハイスクール成増校

TEL:0120-028-104

*9月開館時間*

月〜金:11:30-21:45

土:10:00-21:45

日・祝:8:30-19:00

******************

 

2017年 9月 24日 担任助手の存在

 

 

皆さんこんにちは。

成増校担任助手の福岡です。

 

東進では写真の様な面談の様子をよく目にします。

生徒は映像授業を受講しているため、目標や受講スケジュール等を、担任助手と呼ばれる大学生スタッフとともに設定します。

また、毎週のグループミーティングも、このスタッフと実施するため、校舎で一番近い存在にあるのが担任助手です。

担任助手は東進の卒業生です。すなわち、数年前には同じ場所で同様に受験勉強に励んでいたということです。

 

もちろん、私も4年前は成増校の生徒でした。

受験後に綴った合格体験記にはこんなことを書いていました。

 

 

「高3の10月まで部活動をしており、校舎に行けない時も東進の担任助手の方が親身になって相談に乗ってくれました。

(中略)

第一志望校に合格できたのは担任助手の先生のおかげです。」

 

 

生徒の受験を全力でサポートする存在になりたく、私は担任助手になりました。

 

大学受験という高い壁を乗り越える際、ひとりではなく担任助手と二人三脚で一歩一歩進んでいきましょう。

我々は本気で大学受験に挑む高校生を全力で応援し、最後まで寄り添います!

 

******************

東進ハイスクール成増校

TEL:0120-028-104

*9月開館時間*

月〜金:11:30-21:45

土:10:00-21:45

日・祝:8:30-19:00

******************

 

2017年 9月 23日 模試や過去問の意義とは

皆さんこんにちは。

成増校担任助手の江川です。

本日校舎では、難関大・有名大本番レベル記述模試が行われました。

皆さん、自分の実力は出し切れましたか?

 

9月がもう終わりに近づき、多くの受験生が志望校の過去問を既に数年分解いていることと思います。

そこで皆さんに問いかけたいのが、解いた過去問や模試を“何も考えずに復習のみ”をしてしまっていませんか?

本日は、模試や過去問の意義について話したいと思います。

 

例えば、皆さんがよく考えている模試や過去問の意義は

・出題傾向を知る

・出題傾向の対策を立てる

・本番のレベルを知る

などがあると思いますが、

私が思う意義は

「自分が現状で出来ないことを“自覚する”」

ということです。

 

当たり前のことですが、

人は自覚していない課題を改善することができません。

受験勉強においてはできないことをできるようにすることが必要です。

そのためにまずするべきことは、自分が何が出来ないのかを自覚することです。

模試や過去問はそのためにあり、課題を自覚して勉強の計画を立てて始めて意味があるものです。

 

なので、模試や過去問を取り組むときは間違えたところを復習するだけでなく、

なぜ間違えてしまったのか、何が分かっていないのかを分析し自覚することで

今後の学習計画に活用するようにしましょう!!

 

******************

東進ハイスクール成増校

TEL:0120-028-104

*9月開館時間*

月〜金:11:30-21:45

土:10:00-21:45

日・祝:8:30-19:00

******************

 

2017年 9月 22日 志望校に合格する強い心を持とう!

本日は、「心の持ち方」についてお話したいと思います。

とうとう明日は有名・難関大本番レベル記述模試です。

皆さん心の準備は出来ていますか?

これからはテストの「結果」にもこだわる時期になります。

自分の思うような結果が出ず、壁にぶつかることが多々あると思います。

ですが、「絶対に第一志望校に合格する」という気持ちだけは絶対に忘れないでください。

当たり前のように思われるかもしれないですが、とても大切なことです。

これからの受験生活を支えるのは「自分の心」です。

周りの人達に支えてもらえることもありますが、それを前向きに頑張ろうと捉えるのも「自分の心」です。

だからこそ、「絶対に第一志望校に合格する」という気持ちを持つことが最後まで受験生活を支えてくれます。

どんなにつらいときでもこの気持ちだけはなくさないように心がけてください!

 

******************

東進ハイスクール成増校

TEL:0120-028-104

*9月開館時間*

月〜金:11:30-21:45

土:10:00-21:45

日・祝:8:30-19:00

******************

 

2017年 9月 22日 集中力は勉強空間から

今日は集中力について話そうと思います。

 

みなさんはホームクラスや自習室、音読室で勉強する時の机の状態を気にしたことはありますか?

 

みなさんそれぞれ何気なく置いていると思いますが、そこに集中力を切らす原因となっているものは本当にありませんか?

 

集中力が続かないという人は以下を自分がやっていないか参考にして行動に移してみてください!

 

①勉強に全く関係ないものを置いている

→食べ物や飲み物を出しっぱなしにしている人がいます。あまりお腹も空いていない、喉も渇いていないのに、少し集中力が切れ始めると、すぐ手を伸ばしてしまい、勉強に集中力を向けるための阻害要員になりがちです。まずカバンの中にしまって必要な時に出すようにするなどしてみましょう!

 

②勉強しているものとは違う教科の勉強をしている。

→その日にやる予定のない教科とかを出して、ふと見た時に違う教科に目が映りがちです。気分で変すぐにえてしまい、その日にやるべきことができなかったとなるのは次の日にも引きずってしまうので最悪です。するべき科目だけを出すようにするなど、1つに集中できるようにしていきましょう。

 

本番の試験では、いつも自分が勉強し慣れている机ではありません。最大限に集中力を引き上げ最大限に実力を発揮できるように、普段から本番を想定して、勉強に集中できら空間を作ることを意識していきましょう!!

 

******************

東進ハイスクール成増校

TEL:0120-028-104

*9月開館時間*

月〜金:11:30-21:45

土:10:00-21:45

日・祝:8:30-19:00

******************