夏休みの計画の立て方ー石井竜人ー | 東進ハイスクール成増校|東京都

ブログ

2019年 7月 9日 夏休みの計画の立て方ー石井竜人ー

こんにちは!

成増校担任助手の石井です!!

期末テストがおわり夏休みが近づいてきた人も多いのではないでしょうか?

皆さんは勉強の計画は立てられていますか?

約1か月半ある夏休みで勉強をせずにだらだら過ごしてしまうのはもったいないです!

しっかりと計画をたてて毎日少しずつでも勉強をすれば、2学期から周りのライバルと差をつけた状態でスタートを切ることができます。

今日は夏休みの計画が心配な人たちに向けて計画の立て方について3つのポイントに分けて話していきたいと思います。

 

夏休みの計画の立て方の1つ目のポイントは朝を活用することです。

 

夏休みだからと言ってだらだらと過ごさずに朝決まった時間に起きて勉強をしましょう。

一日の始まりに自分の立てた勉強計画を実行することができればモチベーションがアップし、後の勉強もはかどります。

 

部活に所属していて朝なかなか時間がないという人は練習に行く前や移動中に30分だけでも単語を学習するなどしましょう。たったそれだけの勉強でもやるのとやらないのでは大違いです。

 

2つ目のポイントはその日にやる範囲をしっかりときめておくことです。ざっくりと国語や数学など学習する教科を決めておくだけでは学習時間が極端に多くなったり少なくなったりして勉強量にムラが出てしまいます。毎日決まった範囲を学習することによりルーティーン化ができ毎日の継続も楽にできるようになります。

 

3つ目のポイントは寝る前に30分間一日の学習の復習を行うことです。寝る直前に復習を行うことで学習内容の整理ができ、定着力があがります。また自分が実際に行った学習を振り返ることで、モチベーションが上がり次の日も頑張ろうという気持ちになります。

 

これらのポイントを守って計画を立てることで長い夏休みをだらだらとせず有効に利用することができます。せっかくの夏休みを無駄にしないためにも今のうちに計画を立て実行に移しましょう!

 

計画の立て方はわかったけど自宅では集中できないからもっと集中できる環境が欲しいというあなた!

東進ハイスクールでは現在夏期特別招待講習を実施しています。7月12日までの申し込みで4講座を無料で体験することができます。この機会にぜひ申し込んで東進の授業を体験してみましょう!