8月を有効に使おう!ー石井竜人ー | 東進ハイスクール成増校|東京都

ブログ

2020年 8月 1日 8月を有効に使おう!ー石井竜人ー

今日はとても天気も良くていよいよ夏本番ですね!

今年は残念ながら、コロナウイルスの影響で長い夏休みではない人が多いと思いますが

自粛で始まった怒涛の1学期もそろそろ終わりが近づき一息入れたいところですね。

 

さて、今日はそんな一息つこうとしてる皆さんに、一息つく前に聞いておいてほしい話をします。

 

それはズバリ、8月の有効な時間の使い方です。

 

大変ストレスフルな1学期でしたので気持ちを落ち着ける時間も大切でしょう。

 

しかし、考えてみると今年の夏休みはとても短い!ということはなんの計画もなく休憩していると

あっという間に二学期のスタートです。

 

そうなってしまっては、受験生の皆さんは周りに差を大きくつけられ勝負が決まります。

低学年の皆さんは、まさかの二学期大ゴケスタートという黒歴史を刻むことになります…。

 

そうならないためにも!8月の時間の使い方は特に重要です。

 

まず、受験生の皆さんは1日13時間以上の勉強時間は確保しましょう。

低学年の皆さんも理想は10時間です。少なくとも7時間は確実に勉強しましょう。

その上で、その勉強時間をどのように使うかがキーポイントです。

 

受験生の皆さんは、とにかく過去問への比重が高くなります。

8月中には進みが遅い人でも二次私大の対策に突入したいところです。

 

そのためには共通テストの過去問をある程度完成させる必要があります。

 

普段からの復習のサイクルはできていますか?完成に近づく一番大事な勉強方法は復習→実践の繰り返しです。

僕は復習のためなら、時間を少し多く使ってしまっても問題はないと思います。

それくらい復習はしっかりやると大きな実になるのです。

 

 

低学年の皆さんは、多くの勉強時間が確保できる夏休みだからこそ暗記科目やこれまでの苦手をつぶすこと

さらに、学校がある状態ではうまく進められていなかった受講をどんどん進めましょう!

 

暗記科目も苦手科目も受講も後に残せば残すほど、受験生になったときに大きなハードルとなります。

特に暗記科目と苦手科目は集中的に取り組める夏休みにやるからこそ、結果的に短期でこれらの科目を修得することができるんです!

 

 

また、単に量的な時間だけでなく実際の生活リズムも整えることが大切です。

夏休みは時間がある分、寝坊をしても夜更かしすれば量的な時間は確保できますが、確実に集中力は下がります。

 

さらに暑い夏は、生活リズムが一度崩れると食用くもなくなりさらに気力、体力共になくなってくるいわゆる夏バテになります。

 

夏バテは舐めていると、免疫力の低下につながり特に今年は新型ウイルスへの感染も懸念されます。

 

日中集中し勉強するためにも、まずは生活リズムを整えましょう。

 

朝早起きして、しっかり朝ごはんを食べてから単語練習などから徐々に頭を動かしていくと良いですよ!

 

そして夜は12時までには寝られるようにしましょう。

 

寝る時間がしっかり決まっていれば、だらだらと勉強もしなくなります。

 

このように、時間が多くあるように見える8月だからこそ、勉強計画や生活リズムを整えて超集中、短期修得を意識しましょう!

 

外部生の低学年の皆さんでまだ勉強計画が立っていないという人はぜひ、東進ハイスクールに足を運んでみてください!

東進では1日体験も実施していて、この夏の勉強計画をスタッフと一緒に立てることもできます!

プロの目線からのアドバイスでこの夏をより良いものにしませんか?

 

この夏頑張るみなさんを応援しています!