スキマ時間の活用!-田中望実- | 東進ハイスクール成増校|東京都

ブログ

2019年 10月 8日 スキマ時間の活用!-田中望実-

 

 

みなさんこんにちは、成増校担任助手の田中です!

 

10月なのに暑かったり、かと思えば寒かったり、そして週末には台風が接近しており、気候の変動が激しいこの頃ですが、きちんと体調管理はできているでしょうか?

私は10月に入って大学が始まり(大学生は2ヶ月くらい夏休みがあります)、久々の忙しさに疲弊しております。しかし、そんな中でも続けてやりたいことはあるもの。たとえば、英語は授業外でも継続して勉強したいし、大学の授業はきちんと復習しないとついていけないし、サークル活動や趣味の時間も取りたい……。

 

そんなとき、私、ふと気づいたんです。あれ、これ、受験生時代の時間のやりくりに似ていないか?と。思えば、受験生時代もやらなきゃいけないことに追われて、時間がない!となってしまっていました。そこで私が意識していたのは「スキマ時間の活用」です。

 

スキマ時間、と聞いてみなさんはどんな時間を思い浮かべますか?私が受験生時代に特に意識したのは通学時間の活用です。

通学時間には、私は自転車(15分)→有楽町線(25分)→南北線(10分)と、三段階あったので、まずは自転車に乗りながら、朝勉強したこと・前日の夜やったことを思い出していました。そして、よく東進生のみなさんは「通学時間で高速基礎マスターやろう!」と声をかけられると思いますが、長い有楽町線ではやはり高速基礎マスターがメインでした。1800、熟語、文法の修了判定テストを一通り受け、だいたいここで南北線に乗り換え。そのあとは日によって上単をやったり、例文をやったり、または古文単語や化学の暗記をやったりもしました。

これだけやると、流石にあっという間に時間は過ぎてしまいます。

下校時間は授業を終えると体もかなり疲れてしまうので、暗記ものより頭を使うことをして寝ないように気をつけていました。

センターの大門別や単元ジャンル別を印刷して持ってきたものをやったり、電車の中で授業の予習をしたり……。

私は通学時間が長かったこともありますが、かなり通学時間の活用には気を付けていました!

 

通学時間が長い人はもちろん参考にして欲しいですが、自転車通学の担任助手の中には、自転車のハンドルに英単語を付箋に書いて貼り、信号待ちで覚えたら剥がす……など工夫をしていた人もいるそうです!

みなさんも、通学時間、有意義に活用できるように工夫してみてください!

 

明日は金担任助手がまた違ったスキマ時間の活用のお話をしてくれます!また明日も、成増校ブログでお会いしましょう。

 

******************

東進ハイスクール成増校

TEL:0120-028-104

*開館時間*

月~金:13:00-21:45

土:10:00-21:45

日・祝:10:00-19:00

≪成増校スタッフ紹介はこちら!≫

全国統一高校生テスト(無料)の

お申し込みはこちら

******************