ライバルの存在-森- | 東進ハイスクール成増校|東京都

ブログ

2020年 3月 7日 ライバルの存在-森-

皆さんこんにちは!

成増校担任助手の森です!!

 

高1,2生のみなさん、春休みが一足早くやってきましたね。

学校や部活がなくなり、暇を持て余していますよね??

 

時間に余裕がある今の時期だからこそ、

周りのみんなと差をつけることができるのです!!

 

 

でも、勉強は何かモチベーションがないと続きませんよね。

 

というわけで今日は、僕の受験生時代の勉強のモチベーションであった、ライバルの存在について話します。

 

自分は、中学でサッカー部に所属していて、部活と勉強の両立をしようと切磋琢磨していました。

そのサッカー部は勉強のレベルが高く、学年1位2位を争う人がいました。

 

僕は、そういう人たちに触発され、部活後やオフの日などは勉強をするようになりました。

僕は周りに流されやすいタイプなので、学年1位のやつがやっていたことをまねてみたりして、だんだんと勉強するのが楽しくなってきていました。

 

 

高校受験を終え、中学を卒業し、そのライバルは筑波大附属駒場高校へ進学し、自分は都立新宿高校へ進学しました。

 

 

進学先は離れてしまいましたが、この東進ハイスクール成増校で再会して、また同じ場所で勉強をするようになりました。

 

受験期になると、そのライバルは、学校の行事等の理由で勉強が遅れていて、僕が一歩先にリードしていました。

 

東進の模試では、英語や数学は勝てなかったのですが、理科の点数では上回っていました。

 

昼ご飯もほぼ毎日一緒に食う仲で、かなり勉強のモチベーションになっていました。

 

彼も自分と同じく国立理系志望で、2月後半まで続けて勉強していました。その時期まで続けて勉強して合格を掴み取ることができたのは、彼の存在のおかげとも言えます。(認めたくはないですけど)

 

ライバルの影響は計り知れないもので、

「あいつがいるから校舎へ行こう」

とか、

「あいつにあの教科は勝とう」

といったことを無意識に考えていました。

 

 

そんな彼とはなんと今も一緒に、担任助手をやっています。(今日の写真の彼です)

 

 

というわけで、是非、みなさんにも受験を一緒に乗り越えることができる友人を校舎内でもいいですし、学校のクラスメイトや部活仲間で、『ライバル』を見つけてみてください!!

 

また、成増校では3/17に大岩先生による特別公開授業がありますので、皆さんもライバルを連れて一緒に受けてみてください!!

 

 

明日のブログは、金担任助手です!

お楽しみに!!

*********************

東進ハイスクール成増校

TEL:0120-028-104

*開館時間*

月~金:13:00-21:45

土:10:00-21:45

日・祝:10:00-19:00

≪成増校スタッフ紹介はこちら!≫

1日体験こちら!≫

新年度特別招待講習こちら!≫

*********************