大学在学中にしたいことー石井竜人ー | 東進ハイスクール成増校|東京都

ブログ

2020年 9月 16日 大学在学中にしたいことー石井竜人ー

みなさんこんにちは!

 

今日は僕が大学在学中にやりたいことについて話したいと思います!

 

僕が在学中にやりたいことは大きくわけて2つ!

 

1つ目は日本を含め世界中を旅することです!

 

僕が現在在学している学部は立教大学観光学部です。そもそもこの学部を選んだ理由は観光業に興味があり、将来そういった関係の仕事に就きたいと考えていたものの具体的な職種や観光の深い部分が分からなかったためです!

 

入学してから1年半が経ちましたが、自分がそれまで知らなかった観光の良い部分と悪い部分、文化の違いによる観光の捉え方、これからの観光の在り方など様々な視点を得ることができました。

 

何よりも海外の観光地を実際に訪れ、日本の観光地との違いや文化の違い、その土地と観光の関わり方を学んだことは今後の学習や進路にとってとても大きな経験となりました。

 

そんな視点や経験を得たからこそ実際に現地で見えてくるものがたくさんあるはずです。これまでも多くの観光地に旅行に行きましたが、さらに多くの土地を訪れることで視野を広げたいです!

 

大学生は自由度が高いためそういった活動を気軽に行えることがとても大きな利点だと思います。

 

そして、2つ目は英語力のスキルアップです!

 

この一年半でかなり強く感じているのは、英語ができるとできないとでは、得られる情報には大きな差があったり時には全く違ってきたりするということです。

 

例えば、みなさんの中にも経験がある人もいると思いますが字幕版の映画を観ていて、実際の役者のセリフと翻訳字幕が少し違っていることがあります。これは、観ている人に間違った情報を与えようというよりは、口の動きに合うようにしたり、その国のニュアンスに近い言葉に変えていたりするためです。

 

確かに、その方が映画としては違和感なく楽しめますしこちらにあまりデメリットはありませんね。

 

では、もしこれがニュースで行われていたらどうですか?

 

「そんなことありえないでしょ笑」って思う人はたくさんいると思いますが、実際そんなことが起きているんです。

 

僕はTwitterで、CNNやNew York Times、The sunなど海外のニュースサイトのアカウントもフォローしています。それらは大抵海外のニュースキャスターの映像に日本語字幕をつけて投稿してくれるのですが、時折「全然違うじゃん!」ってツッコミを入れたくなるような翻訳がされている事があるんです。

 

もちろん、全てが悪意を持って異訳されたものではないと思いますが、ニュースの内容によってはこれは少し翻訳者の意図が入ってないか…?と思うことがあります。

 

その内容が全く役に立たないということはありませんし、絶対的に間違っているということもありません。でも、伝えられた情報としては実際に話されていることとは全く違うこともあるんです。

 

そんな経験から、もっと英語力を伸ばさなければ将来的に間違った情報を信じたまま生きていくことになりかねないと感じたため、また世界で起きていることの実態を知りたいと思い英語のスキルアップを目標にしています!

 

少し長くなってしまいましたが、このふたつが僕が大学在学中にやりたいことです!

 

それぞれが目標を持って、実際にそれに取り組む時間が十分に持てるのが大学生です。

 

みなさんも大学に入ったらやりたいこと、楽しみながら思い描いてみるとモチベーションも上がりますよ!

さて、次回は金担任助手の在学中にやりたいことです!色んな担任助手の在学中の目標を聞いちゃいましょう!

*********************

東進ハイスクール成増校

TEL:0120-028-104

*開館時間*

月~金:13:00-21:45

土:10:00-21:45

日・祝:10:00-19:00

≪成増校スタッフ紹介はこちら!≫

1日体験こちら!≫

*********************