学校から帰ってからの効率的な時間の使い方!-金佳由- | 東進ハイスクール成増校|東京都

ブログ

2020年 10月 1日 学校から帰ってからの効率的な時間の使い方!-金佳由-

こんにちは!成増校担任助手3年の金です!

今日から10月に入り、2020年も残り3ヶ月になりましたね。

今日10/1は都民の日で学校が休みになっている人も多いのではないでしょうか?

そんな今日は、学校から帰ってからの効率的な時間の使い方についてお話したいと思います!

 

私は高校時代は高3の6月までバレーボール部で週5~6日部活をしていたので、家や東進に着くのは早くても18:00過ぎ、遅い日は19:30頃でした。

また、私の通っていた高校は高3でも行事にかなり熱心に取り組む学校だったので、6月に部活を引退してからも、夏休み中から夏休み明けにかけても行事準備でかなりの時間が取られてしまい、本格的に勉強に取り組めるようになったのは秋以降と言っても過言ではないくらいに、忙しい毎日を送っていました。

そんな私が、限られた時間の中で少しでも勉強を進めるために工夫していたことがいくつかあるのでご紹介します!

 

ひとつは学校の休み時間などのちょっとした時間を使って東進の授業の予習や復習をしておくことです。

予習や復習は思いのほか時間を取られてしまうので、校舎に来てからやろうと思うとどうしても授業を受ける時間がなくなってしまうことになります。

そのため、校舎に来たらすぐにでも授業を受け始められるように予習は校舎に来る前に終わらせておくというのを心がけていました!

 

ふたつ目は、これは部活を引退した後にやっていたことですが、毎日この時間はこの科目をやるという風にルーティーン化する部分を作っていたことです。

全部の時間を固定にするわけではないですが、例えば校舎に着いて一番最初は必ず数学に触れるようにするとか、最後の1時間は基本的に世界史の暗記をするなど、1日の予定の中で一部を固定にしていました。

そうすることによって特にやるべき教科を忘れずにやることができるだけでなく、何をしようか迷う時間をなくすことができて効率的に勉強ができていたと思います。

間の決まっていない時間には毎週自分で過去問や進めるべき問題集・参考書などを当てはめて予定を決めていました。

また毎週決めるのはわずらわしい時には2週間分の予定を一気に立てて、2週間おきにうまくいかなかったことややるべきことの変化に合わせて予定を調整していくという形を取ったりもしていました!

 

ぜひ参考にしてみてくださいね!!!

 

さて話題は変わりますが、そろそろ指定校推薦などで進学が決まったという人も出てきはじめているのではないかと思います。そこで、明日のブログでは大嶋担任助手から、そんな大学が決まった方へのアドバイスやメッセージをお伝えする予定です。

ぜひチェックしてください!

 

*********************

東進ハイスクール成増校

TEL:0120-028-104

*開館時間*

月~金:13:00-21:45

土:10:00-21:45

日・祝:10:00-19:00

≪成増校スタッフ紹介はこちら!≫

1日体験こちら!≫

*********************