早期スタートの重要性 -淡路泰成- | 東進ハイスクール成増校|東京都

ブログ

2019年 7月 17日 早期スタートの重要性 -淡路泰成-

こんにちは!成増校担任助手の淡路です!

今日は、早期に勉強を始めなければならないということについて話していこうと思います。

自分の中で受験において大事だと思うことは演習です。その中でも一番大切だと思うのが過去問です。どんなに模試などの判定が悪くても、

しっかり過去問演習をしてその大学の独自の傾向をつかむことで判定を覆して逆転合格というのができると思っています。

じゃあその大事な過去問を今のうちからやればいいじゃないかと思う人もいるかもしれません。

しかし、過去問は基本的な知識のインプットがなければできません。なぜなら、過去問で基本的知識というのは問われず、その知識を応用したものが問われるため。

過去問で基礎知識を補うことはできないため、やり続けても点数が上がらないからです。

そして例えば、〇〇大学ならばセンターで8割取らないと過去問を解き始めることができないとある程度決まっています。

センターで8割取れるぐらいの知識が必要ということです。

つまり、大事な過去問演習をするためには前段階として基本的な知識が必要となります。その段階までいかに早くクリアしていくかが重要になってきます。

高校2年生の人は高3にあがるまでにセンターの模試などで合格者平均レベルまで点数を取れるようにするのがベストです。

過去問演習などは大学によっては1科目2時間かかるものもあり大量の時間を必要とするため、やはり早めに演習に入った方が良いと思います。

なので、今のうちの勉強としてはより早く過去問をできるようにするために、センターで自分の志望校の過去問が解けるようになるぐらいの点数を目指すことが一番の目標だと思います。

早めに初めて第一志望を全力で目指していきましょう!

******************

夏期特別招待講習 受付中!

東進ハイスクール成増校

TEL:0120-028-104

*開館時間*

月~金:13:00-21:45

土:10:00-21:45

日・祝:10:00-19:00

≪成増校スタッフ紹介はこちら!≫

≪公式INSTAGRAMはこちら!≫

******************