東大模試に関して-鎗田 大地- | 東進ハイスクール成増校|東京都

ブログ

2019年 6月 16日 東大模試に関して-鎗田 大地-

こんにちは!

 

成増校担任助手1年の鎗田です!

 

今日6/16は、そう、第1回東大模試です!

今回はその東大模試関連で書きます。

 

まず、6月に受けるのは実力がないから受けても意味がないと思っている人はいませんか?

 

確かにそれは言えますが、それを超える大きなメリットがあるのです!

それは、早い段階で東大の本番形式を知る、ということです!

 

これによって、”目的地”を知ることができます。目的地を正確に知らないのにただ前に進んでいるだけではいつまでも目的地にたどり着けない蓋然性は高いですよね。

東大の問題を知らなければ東大合格という”目的地”に向かってどういった勉強をすれば合格できるのかが正しく理解できていない蓋然性が高いのです。ですから、今回でその”目的地”をしっかりと把握しましょう!これが一番大きな目的です!

 

また、自分が取りやすい大問と取りづらい大問、さらにはここは勉強すれば取れそうな大問だなという大問と、ここは勉強してもそんなに効果は期待できないなという大問が出てくると思います!

 

そして、科目ごとの目標点も決まってくると思います!これは科目数が多い国立志望の人たちにとっては非常に重要なポイントになります。なぜなら、受験までの時間が限られており、全ての科目数を完璧にすることはかなり厳しいからです。苦手科目と得意科目を把握して、これらにどの程度時間をかけるのか考えなくてはなりません!

林修先生によると、合格最低点の得点率が50〜55%と低い東大においては、得意科目をぐんぐん伸ばして、苦手科目を少しずつカバーしていくような勉強が良いそうです!

 

上記のことを自分なりに把握し、勉強することで、夏に初めて東大形式の模試を受ける人たちに差をつけましょう!

ここで差を生み出せれば合格に向けて一歩近づきます!

 

また、これらのことは東大だけでなく、他の大学を志望している人たちにも言えることです!

来週には京大、北海道大、九州大模試、そして7/7には名古屋大、東北大、大阪大模試があるのでこれらの学校を志望している人はぜひ活用してください!

 

高2、高1生でも志望校が決まっている人はどんどんチャレンジしてみてくださいね!

英語だけとか、数学だけとかでも全然構いません! 

 

今日受験した人たちはお疲れ様でした。上記の通り復習をしっかりして、自分なりの勉強計画、解く上での対策を立てて、得点の最大化をしていきましょう!

 

それでは、夏に向けて、また、受講を7月末までに終わらせるよう、今週も頑張っていきましょう!

 

******************

夏期特別招待講習 受付中!

東進ハイスクール成増校

TEL:0120-028-104

*開館時間*

月~金:13:00-21:45

土:10:00-21:45

日・祝:10:00-19:00

≪成増校スタッフ紹介はこちら!≫

≪公式INSTAGRAMはこちら!≫

******************