模試の結果への捉え方-津山- | 東進ハイスクール成増校|東京都

ブログ

2018年 9月 3日 模試の結果への捉え方-津山-

 

 みなさんこんにちは!

成増校担任助手の津山です。

平成最後の夏も終わりました。東進では、8/26に東進模試が行われました。

さて、本日お話ししたいことは

「模試の結果に一喜一憂するな」

という言葉についてです。

私もよく言われましたし、皆さんもよく言われると思います。

一喜一憂してしまうのは仕方がないことです。そうではなくて、「一喜一憂はしてもそこで終わらせない」ということにこの言葉の真意があります。

模試は、自分の課題と、それを解決するために立てた方法のただの結果発表です。

・「自分のやってきたことができる」かどうかの確認

・出来ていなかったことを知る

までが、模試の役割です。

やってこなかったことが出来ないのは当たり前です。やったのにできなかった、やるべきだったのにやっていなかった、ということに対して、今後どのように解決していくかを考えましょう。

一喜一憂していいのは、その日だけです。

どんなに模試の結果が悪くても、良くても、それをモチベーションに変えることができた人が最後は勝ちます!!

模試を味方につけて、受験生のみなさんはこれから半年、最後まで頑張っていきましょう!

******************

東進ハイスクール成増校

TEL:0120-028-104

*開館時間*

月〜土:07:00-20:00

日・祝:07:00-18:30

体験授業・資料請求はこちら

成増校スタッフ紹介はこちら

******************