睡眠を削る危険性!-平沼光基- | 東進ハイスクール成増校|東京都

ブログ

2018年 9月 28日 睡眠を削る危険性!-平沼光基-

こんにちは!成増校担任助手の平沼です。

 

皆さんは今、睡眠を削ってまで勉強をしていませんか?

 

もしも睡眠を削ってしまっているなら、今すぐ改めてください!

 

ということで、今日は睡眠の大切さについて話をしたいと思います!

 

①睡眠不足が続くと、「思考力や集中力、記憶力の低下」が起こる!

 

睡眠時間は、大人で約7.5時間、高校生で約8時間寝ることが1番良いとされています。

 

それでも、そんなに多くの時間は取れないと思うので、最低でも6時間は寝るようにしましょう。

 

5時間以下の睡眠が数日間続くと、酩酊状態(お酒に酔ってフラフラした状態)と同じレベルにまで落ちてしまいます。また、もっと危険なことは、それに気付くことはほとんどないということです。なので、「自分は睡眠が短くても大丈夫」という人でもそれを改め、6時間以上の睡眠をとるようにしましょう!!

 

②仮眠は睡眠リズムの乱れを助長する!

 

「昼食後、すごく眠くなってしまうことがある」という人は多いのではないでしょうか?

 

そこで、仮眠を取る!というのは、確かに眠ることを我慢して勉強することよりも、記憶の忘却率が緩やかになるので、ぼやけたままぼーっとしているよりかは良いです。ですが、1番良いのは寝ないことなので、昼食の糖分を減らす、食事前に野菜を取るなどをして眠気対策をしましょう。

 

また、仮眠のとりすぎはアルツハイマー症候群などの病気のリスクを上げるという研究結果もあるので、今、昼間によく寝てしまうという人は気をつけましょう。

 

それでも、取らなくてはやっていけないという人もいると思うので、そういう人は15〜20分くらいに、時間を決めてうつ伏せや、すわって眠るようにしましょう。

 

③入試前日の睡眠について。

 

模試など、大事な日の前日は緊張などで眠れないという人が多いのではないでしょうか?

 

そんな人に知って欲しいことは、

 

実は、目を閉じているだけでも睡眠とほぼ同じ効果が得られるという研究結果がある。ということです。

 

ですので、眠れないからといって、勉強をしたり、眠ろう眠ろうとイライラするよりも、ただ目を閉じて横になることの方が、脳、体の回復になるのでするようにしましょう!

ということで、以上の3点をふまえて、今後の受験勉強をさらに効率よくやっていきましょう!!

******************

東進ハイスクール成増校

TEL:0120-028-104

*開館時間*

月〜金:11:30-21:45

土:10:00-21:45

日・祝:08:30-19:00

体験授業・資料請求はこちら

成増校スタッフ紹介はこちら

******************