試験直前の勉強法-小野寺 樹- | 東進ハイスクール成増校|東京都

ブログ

2019年 1月 6日 試験直前の勉強法-小野寺 樹-

こんにちは!

成増校担任助手の小野寺です!

 

センター試験まで残り2週間と少しというところまで来ました。泣いても笑ってもその時間が経てば本番がやってきます。

本日はそんな受験生に向けてお伝えしたいことがあります。

 

よくこの時期になりますと

「思考系の分野はそんなに伸びないと思うから暗記中心の勉強をしよう」

と考える受験生が少なくありません。

 

つまり、英語や国語、数学などの思考を要する学習は直前では伸びづらいから、覚えていない箇所を重点的に行い、確実に点数を上げていこうという考えです。

 

確かに基礎事項の暗記をするのが一番いいと思うでしょう。しかし、結論からいいますとそれはあまり良くありません。その理由は2つあります。

 

ひとつ目は「慣れ」があるからです。

 

センター試験は時間勝負の試験です。このような時間が厳しい試験においてはどの大問にどのくらい時間をかけられるのかを把握し、本番に実行しなければいけません。

したがって、ギリギリまで何度も過去問を解き、解ける姿をシミュレーションすることが重要です。

 

ふたつ目は「学力を保つ」ためです。

例えば、部活をやっていた人ならわかると思いますが、2~3日やらなかっただけでも勘が鈍ることはありませんでしたか?

そしてそのまま試合にのぞむと勝てる相手にも勝てなくなりますよね。

思考系の勉強も同じで、数日しなければ勘が鈍ってしまいます。すでに実力があったとしても「勘を鈍らせない」ための勉強は、最後の最後まで重要になります。

 

というわけで、残り日数がわずかだからと

「思考系はもう今さら意味ない。ここからは暗記中心でいくのが確実だ!」

という発想は、かなり危険なのでバランスよく学習してきましょう!

 

それではまた明日。

******************

東進ハイスクール成増校

TEL:0120-028-104

*開館時間(冬休み特別時間割)*

月〜土:08:30-21:45

日・祝:08:30-19:00

成増校スタッフ紹介はこちら

******************