過去問演習について | 東進ハイスクール成増校|東京都

ブログ

2019年 1月 29日 過去問演習について

 

こんにちは、成増校担任助手の三田勇輝です。

センターも終わり、いよいよ本番の2次試験が始まりますね。

この時期、過去問演習をメインに勉強をしていると思います。

過去問演習だけで不安といっている受験生を多く見ます。なので、本日は過去問演習の復習法について話したいと思います。

過去問の復習の時に意識することは、2つで1つは「苦手克服」、2つ目は、「予防」です。

苦手克服については、2つのフローが必要で、課題を明確化→課題解決策を考えることです。

過去問を見て、自分の出来ない所を洗い出し、その中で優先順位をつけて一番高いものをやる事が重要です。

例えば、日本史で簡単すぎですが、織田信長を間違えたとします。そしたら、復習は、どうするかというと安土桃山時代の範囲を見直すと思います。これが、苦手克服だと僕は思います。

2つ目の「予防」について。

例えば、江戸時代のある史料問題を間違えたとします。上の例をならい復習時、他の江戸時代の史料問題の勉強をすると思います。

これが、過去問演習をやっているのに、不安になる原因だと思います。

上のやり方のみだと後出しです。出来ない所を補っていくだけなので。

そこで「予防」です。

江戸時代の史料問題を間違えたときに、他の江戸時代の史料も見直そうと考えるのはもちろん、それに加え、他の時代の史料問題もできないのではないかと疑ってみて、そこの勉強をしてみてください。

 

こうすることで、過去問演習をやりながら点数が伸びていくと思います。

これは実際に僕が受験生の時にやっていたやり方です。

受験生は、ぜひやってみてください。

 

最後になりましたが、大学受験は自分の人生の岐路だと思います。

不安だと思いますが、今までやってきた努力を信じてやり切ってください。

本気で応援しています。

******************

東進ハイスクール成増校

TEL:0120-028-104

新年度招待講習受付中

*開館時間*

月〜金:11:30-21:45

土:10:00-21:45

日・祝:08:30-19:00

成増校スタッフ紹介はこちら

******************