センター過去問演習について-大嶋日緒菜- | 東進ハイスクール成増校|東京都

ブログ

2019年 6月 21日 センター過去問演習について-大嶋日緒菜-

こんにちは!

 

成増校担任助手の大嶋です!

 

 

みなさんは日々何を目標に勉強していますか?

 

私が受験生の時は8月に行われるセンター模試で志望校の合格点を取ることを目標にしていました。

 

9月頃から私大に向けての勉強や過去問を解く上で、基本レベルのセンターは解けていないといけません。その目安として8月にセンターの合格点を超えるという目標を立てました。

 

みなさんの中には私と同じ目標を持っている人もいるのではないでしょうか。

 

そこで今回はセンター過去問演習についてお話ししたいと思います。

 

そもそも過去問演習をする意味とは何でしょうか。

 

まず過去問を解くことにより傾向が掴め、自分に合った時間配分を決められます。また全く同じではなくても似たような問題が出てきた際に思い出すことができ、対応できるようになります。

 

そのためには過去問を解いたら記録しておく必要があります。自分が間違えた問題はなぜ間違えたのかをしっかり分析し、二度と同じ間違いをしないようにノートなどにまとめるようにしましょう。

 

過去問はただ解いて終わりではもったいないです!復習、分析を忘れず行うようにし、8月の模試で合格点を超えられる勉強をしていきましょう!