高2生は理科・社会を固めよう!ー四本 萌々香ー | 東進ハイスクール 成増校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール成増校|東京都

ブログ

2021年 10月 31日 高2生は理科・社会を固めよう!ー四本 萌々香ー

皆さん!こんにちは!そしてお久しぶりです、四本です!
最近は校舎の助っ人として週1ほど勤務に入らせてもらってます。昨年私は低学年リーダーとして高2生以下を特によく見ていましたが、その子たちが今は受験生になって猛勉強している姿を見て、なんだか感慨深く感じてしまいました!!!
受験生の皆さん、共通テストまで残り78日。もう本当にあと僅かですね。残された時間を有意義に過ごし勉強に励んでいってください!

そして、今日のブログは高2生向けに書いていこうと思います!
現高2生はあと残りわずかで受験生になります。受験生になるイメージはできていますか?
受験生になると色々な変化が生まれます。


例えば、受けている模試の1回あたりの重さが変わります。

本番の共通テストで良い点数を取るためには2ヶ月に1回の模試でその差を十分に埋めていかなければなりません。

確実性の高い合格を狙うには8月模試で本番と同じ点数を取ることが必要条件です。

そのため、毎回の模試での成績が重要になってきます。

受験生になってからしっかりと成績を伸ばしていくためにも、今の高2生のうちに基礎固めと、習った範囲の復習をよく行うようにしましょう!

特に理科と社会。これは一般的な高校だと、高校3年生の秋〜冬ごろに授業で全範囲の内容が修了します。

しかし、共通テストの本番は1月。それを考えると、学校の授業のペースでは間に合いません。

夏頃までに先取りをして一周修了させておくことができれば、この後の過去問対策に良い影響を及ぼすことができると思います。

では今何を行うべきか。
理科に関してはまず、理科基礎範囲の復習を同日模試までにやり切りましょう。

理科基礎範囲は発展理科の模試に問題としてもよく出てきます。また、これから習う範囲も理科基礎範囲の知識が備わっていないと、何を言っているのか全く分からないと感じることも多いです。


そして、これまで習った理科(発展)の範囲も復習を同日までに終わらせましょう。

受験生になると理科の授業の時間が急激に増え、1週間に進むペースがとても早くなります。

去年習った内容を復習しておくだけでも、気持ちに多少余裕が出てくると思います!

学校の授業と同時並立してやっていくのが難しい場合は冬休みに集中してやるようにしましょう!


社会も同じく、これまで習った内容の復習が大切です!

細かい知識まで頭に入れられたらとても良いですが、まずは時代の流れを理解し重要な単語をしっかりと抑えておきましょう!

最後に一つ重要視してほしいことをお話しします!


“なんとなく”の状態で進むことを避けましょう!

これは授業の内容を理解する上でも必要ですし、今後の勉強計画や、模試の復習、志望校選びなどでも大切です!

何をもってそれを選んだのかその根拠を自分なりに分析して、言語化する習慣を今からつけていって下さい!それをするだけでも、普段の勉強の理解度が必ず変わってきます。


分析や言語化が難しい場合はいつでも気軽に私や担任助手に相談してください!力になります!

まずは来週行われる全国統一高校生テストに向けて今できることを全力で行いましょう!!

頑張れ!成増校の生徒たち!!!

明日のブログもお楽しみに☆

*********************

東進ハイスクール成増校

TEL:0120-028-104

*開館時間*

月~金:13:00-21:45

土:10:00-21:45

日・祝:10:00-19:00

≪成増校スタッフ紹介はこちら!≫

1日体験こちら!≫

≪全国統一高校生テスト申込みはこちら

*********************